couple

パートナー間におけるアンガーマネジメントの必要性

2022.12.21更新

couple

怒りは自然な感情ですが、適切にコントロールしないと、人間関係において重大な問題を引き起こすことがあります。制御不能な怒りが言葉や肉体的な暴力につながると、パートナーシップに大きなダメージを与え、関係性の崩壊につながる可能性があります。怒りを適切に管理する方法を学ぶことは、幸せな関係を築きたいカップルや夫婦にとって不可欠なことです。

アンガーマネジメントとは

怒りをコントロールするためには、アンガーマネジメントスキルを身につけることが効果的です。
アンガーマネジメントは、怒りの感情を識別し、適切に対処できるようにするために考案された心理トレーニング法です。具体的には、リラクゼーション法や認知行動療法などのさまざまな心理技法を用いながら、自分がいつ怒っているかを認識したり、怒りの前・最中・後に感情や行動を管理したりする方法を学びます。これは、怒りをコントロールするのが苦手な人や、極端な怒りや頻繁に怒りを感じる人、怒りを感じることで攻撃的または暴力的な行動に出る危険性がある人に有用です。

パートナー間でアンガーマネジメントが必要な理由

怒りの感情をコントロールすることは、夫婦やカップルがお互いにより良いコミュニケーションをとり、建設的な方法で対立を解決するのに役立ちます。アンガーマネジメントを学ぶことで、怒りの根本的な原因をよりよく理解することができ、自分のニーズや懸念を表現するための効果的な方法を見出すことができます。
反対に、怒りをコントロールできない状態は、怒りを経験している本人にとっても、パートナーにとっても有害です。カップルのいずれも怒りへの対処法を身につけていない場合、怒りのコントロールができずに、対立が激化し、しばしば問題の解決が困難になります。また一方のパートナーの怒りがもう一方のパートナーの怒りを誘発し、負の連鎖を生むこともあります。
例えば、ある夫婦が経済的なことで議論しているとします。住宅を購入するために数ヶ月前から二人で貯金をしていますが、一方は思うようにお金が貯まらないことに不満を感じており、パートナーが協力的でないと考えています。それを強い口調で咎めたところ、もう一方のパートナーが非難されたと感じ、自己防衛的になり、相手に対し怒り出します。どちらのパートナーも怒りをコントロールすることができない場合は、問題が急速にエスカレートする可能性があります。このような行動は、夫婦関係にダメージを与え、負のサイクルを生み出し、夫婦の考え方の違いを解決して前に進むことを難しくします。
また抑えきれない怒りは、言葉や身体的な攻撃につながり、二人の関係性に長期的な悪影響を及ぼす恐れがあります。例えば一方のパートナーが怒鳴ったり、傷つけるようなことを言い始めることもあれば、興奮して暴力を振るったりするようなことにもなるかもしれません。また相手が怒ったときにパートナーが心の安全性を脅かされたと感じることで、関係性に恐怖感や不信感を生み出すこともあります。
さらに怒りは、身体的・精神的な健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。慢性的な怒りは、高血圧・心臓病・不安症など、さまざまな健康問題の原因となる可能性があります。また日常生活を送ることに支障が出て、仕事や社会的関係における幸福感を低下させる可能性があります。
一方、双方のパートナーが怒りをコントロールし、より建設的な方法でコミュニケーションをとることができれば、落ち着いてお互いのニーズや懸念を明らかにしながら、経済的な問題の解決策を一緒に考え、関係性を強化することができます。

パートナーに対して怒りを感じやすくなってしまう理由

中にはパートナーに対してのみ、特に怒りを感じやすくなってしまう人もいます。その背景には、さまざまな理由が考えられます。

またこれらはほんの一例に過ぎず、個人や人間関係における怒りの具体的な原因を特定することが重要であることを心に留めておいてください。

アンガーマネジメントの身につけ方

アンガーマネジメントは、心理士などの専門家による指導のもとで、個人やグループ単位で身につけていくことが一般的です。ただし心理士へのアクセスが難しい場合や、手軽にそれらに近いスキルを身につけたい場合には、意識して以下のことに取り組んでみてください。

アンガーマネジメントのスキルを学び、実行するには、時間と繰り返しの練習が必要となります。自分自身とパートナーに忍耐強く接し、二人にとって有効な方法を見つけるために協力することが重要です。
また自分ひとりだけで怒りをコントロールすることが難しい場合は、カウンセラーの助けを借りることも検討してください。怒りをコントロールし、コミュニケーションや問題解決スキルを向上させるための、より具体的な戦略やテクニックを教えてくれるはずです。

アンガーマネジメントはあらゆる場面で役立つ

アンガーマネジメントは、パートナーシップだけでなく、さまざまな場面で役に立ちます。友人関係や家族関係、職場関係など、あらゆる人間関係において他者とのポジティブな関係を維持するのに役立ちます。
さらに怒りのコントロール法を学ぶことは、怒りが適切でない状況や、悪影響を及ぼす可能性のある状況でも有益です。例えば子育ての場面では、怒りをコントロールできる親は、子育ての課題やストレスに適切に対処できるようになり、子どもにとってよりポジティブで育ちやすい環境を作ることができます。

カップルセラピーを受けるならCOBEYAで
    COBEYAが選ばれている理由
  • 500組以上のご夫婦・カップルにご利用いただいているカップルセラピー専門のプラットフォーム
  • オンラインでどこからでもアクセス可能
  • 土日・祝日も9:00〜22:00まで受付
  • 厳選された臨床心理士・公認心理師のみが在籍
  • 毎月行うトレーニングプログラムによってカウンセラーの適正を確認・専門性を維持
  • 個人情報・秘密厳守